SEOについて調べるなら初めに読んで下さい。

ネット上で、さまざまなページを見ていると、「SEO」あるいは「SEO対策」といった言葉を目にすることが多くなってきたと思います。
実は、このSEOはとても大切です。企業のホームページのみならず、現在では個人のブログでも、このSEOを重視してホームページやブログを作成する人がほとんどです。

SEOとは?

では、SEOとはそもそも何なのでしょうか?
SEOとは、Search Engine Optimizationの略です。
直訳すれば検索エンジン最適化となります。
検索エンジン最適化と言われてもあまりイメージできないと思いますので、詳しく説明します。

例えば、この文章をご覧になっているあなたは、ネット上で分からない言葉があった時、どうしますか?
あるいは、冠婚葬祭などで恥をかかないためのマナーを知らいたいときはどうしますか?

多くの人は、パソコンやスマートフォンなどを用いて、ネット上で検索をするはずです。
Yahoo!またはGoogleなどの検索エンジンに、知りたい言葉を入力して、調べるはずです。
そして、その検索結果の1ページに表示された情報を上から見ていき、目的のあったものをクリックして、その情報が書かれているページを見るはずです。
ところで、Yahoo!またはGoogleなどの検索エンジンで検索された時、1ページ目の上位にくるサイトと後ろから数えたほうが早いくらい後方のページに掲載されているサイトでは、どちらがホームページを訪れてもらえると思いますか?

1ページ目の上位に掲載されているサイトのほうが、閲覧される可能性が高いのは明らかでしょう。ということは、検索エンジンで上位に表示されればされるほど多くの人に訪れてもらえるホームページになるということです。

つまり、SEOとは何かというと、このように検索サイトの検索結果で、自分のホームページを上位に表示してもらうように工夫することやその技術のことを言います。

例え、どんなにホームページやブログのコンテンツが素晴らしくても、誰にも見てもらえなければ、それは自分だけしか見ない日記帳に自己満足で書いているのと何ら変わりません。
企業のホームページでしたら、多くの人に見てもらうために開設したはずなのに、誰にも見てもらえなければ何のためにホームページを開設したのかわかりません。

SEOでは検索エンジンに掲載されやすい文章を書くことも重要ですが、検索エンジンで上位に掲載されやすいホームページの構造を持つことが重要です。
素人が覚えたての技術でホームページをつくってしまった場合、多くは何らかのミスがあります。それらのミスがあると、検索エンジン側はそのサイトの評価を下げる傾向があります。

ですから、もしもホームページなどを開設される場合は、SEOをよく理解している専門的な人物、または企業にお仕事をお願いし、ミスがない構造で作成してもらうことをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加