本当に必要なサイトが上位表示される未来は必ず来ます。

-shared-img-thumb-OOK75_cyottokorehairanaidesu20131223_TP_V

「SEOとは何か?」でも述べましたが、Yahoo!やGoogleなどの検索サイトで上位に表示されたホームページやブログは、下位に表示されたものよりも多くの人が訪れます
ですから、多くの人はホームページやブログを作る上でSEOを意識し、少しでも検索順位を上げようと苦心します。

しかしながら、SEOを高める文章の書き方がわかっていても、そのホームページの構造が悪かった場合は、検索エンジンに評価されず、順位が下げられてしまう可能性があります。
仮に、書いてある文章が同じで、見た目がほとんど同じホームページがあったとしてもそのサイトの構造によっては、検索順位が大きく異なってしまうのです。
(余談ですが、同じ文章をホームページに載せてしまった場合、Googleなどの検索サイトから、コピーコンテンツと見なされ、検索上重大なペナルティを受けることがあります。ですから、同じ文章を載せた見た目が同じホームページというのはあくまで例と考えてください)

HTMLタグをしっかりつけてロボットが認識しやすく!

では、どうしてホームページの構造によって検索順位が大きく異なるのでしょうか?
これは外国語に例えると、わかりやすいかもしれません。
例えば、私達は学校で英語を習います。
簡単な文章ならば、辞書を持っていれば多くの人は訳せると思います。
しかし、関係代名詞が複数使われ、文章の構造が入り組んだ難しい英文ですと、単語がわかっていても上手に訳すことは出来ません。

SEOを意識したコンテンツづくり

これはSEOを意識したホームページも同じことが言えます。
Yahoo!やGoogleなどの検索サイトも、私達のホームページを見たときに、わかりやすい構造だなと思ったものは評価を良くし、構造が難解であると判断した検索サイトは検索順位を下げることがあります。その結果、見た目がほとんど同じサイトだったとしても、検索サイトがわかりやすい構造でないと順位が変わってしまうのです。

通常、ホームページを制作するときには、 SEO 対策を予め講じておくことが重要と言われるのはそのためです。
もしもホームページ運営後に、SEO 対策を行ったと考えてみてください。
サイトの構造も見直すためにコンテンツの場所などを変更する可能性も考えられます。
そうなると、そのサイトを定期的に訪れる人がいましたら、普段と異なるために不便に感じ、再び、サイトを訪れなくなる可能性もあります。
また、ある程度ホームページを運用した後に、サイトの構造を変えてしまうと、Googleなどの検索サイトが構造を上手く読み込めず、一時的に検索順位を落としてしまうことがあります。

そういう意味でも、ホームページを制作の段階で、検索エンジンが内容を理解してくれやすい構造で、サイトを構築することが必要と言えます。よくわからない人はSEOを意識したホームページをつくってくれる会社もありますので、一度、相談されることをお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加